コンポスト その後


ゴミの話です、食事中のかたいたらすみません。(というか食事中のかた、行儀悪いですよ〜)

前回、焼き魚の残りを投入してのち、「朝晩かきまぜる」の朝を1回忘れてしまったら、白い綿状のカビみたいなのが発生しちゃいました。で、土もほかほかに温かくなって、プラスチックの容器の内側が汗かいて濡れてました。説明書を読むと、それでもだいじょうぶらしいので、念のためカビの部分は捨てて、土を日光浴させました。(不織布の袋に土が入れてあるので、その袋ごと取り出せる。)そしたらカラカラの土に戻りました。
どうやら、はじめの一週間は慣らし期間なのに、はりきってゴミを入れすぎたみたい。しかも梅雨終わりかけの湿気の多い時期ってのもあって蒸れやすかったのかなあって。始めるならもうちょっと乾燥したときのほうが良さそうです。
ひとつ思ったのは、プラスチック製のやつにしといてよかったなあと。同じタイプで段ボールのもありますが、湿っけるとすぐふにゃふにゃになってたかも。
生ゴミを処理する、というよりはペット(微生物)にエサをやってる、って感覚のほうがつよいです、今のところ。
カビへの恐怖心が薄れてきたら、もうすこし投入量を増やしてみます。
またレポートするかも。

[PR]
by hertea | 2011-07-22 14:20 | ひび


<< ゴーヤ外伝 2 まよなかのひとしごと >>